山形へ行こう! その3

山形へ行こう 3日目
この日の朝は空気がひんやりして気持ちのいい朝を迎えました。

御世話になったオートサイトはこんな感じ、綺麗で広いです。
2泊とも、らむ家と他に数組しかおらず、お互いのサイトも離れていたので、貸し切りに近い状態でした。
IMG_1881_convert_20140826113958.jpg


朝散歩は二人でまた公園へ行ってもらい、
IMG_1890_convert_20140826114052.jpg

らむ母は朝食の準備を
キャンプも2日目の朝となると少しは手際がよくなりました。
気合いを入れてご飯炊いて、山形産の野菜で汁物(寄せ鍋風)も作っちゃいました。
鍋キューブ便利ですね
真ん中の焼き物は昨日道の駅鳥海で買ったサクラマスの塩焼き
IMG_1877_convert_20140826113908.jpg

食後、キャンプ場を散策するとこんな看板発見
IMG_1897_convert_20140826114030.jpg
庄内地方と内陸を結ぶ「六十里越街道」は、1000年以上前の古代から開かれたと伝えられ、
庄内藩主の参勤交代路としても利用されていた古道です(山形県鶴岡市観光連盟参照)


歩いてみることに、
天の足下にはこけに覆われた石畳があります。
IMG_1895_convert_20140826114111.jpg


キャンプ場から古道は林の中へと続きます。
石を敷き詰め道を造る。気の遠くなるような作業です。

昔の人の偉業に思いをはせる・・・天・・・ではなくて鳥の声に反応する天でした。
IMG_1908_convert_20140826114409.jpg

途中小川もあり、木の橋を渡り、もっと散策したいところですが
ブヨがよってきたので帰りましょう。
IMG_1910_convert_20140826114428.jpg


御世話になったキャンプ場を後にして、月山に向かいます。
IMG_1921_convert_20140826114451.jpg

出羽三山の一つ、月山 
さすがに標高も高くなり、姥沢駐車場につくと、寒いくらいでした。

駐車場から残雪のある月山をバックに一枚 頂上は雲の中ですね。

信仰の山月山、なんだか犬連れでは近づきがたい感じ
気軽に登れそうにも無いし、
駐車場から眺めるだけに
IMG_1925_1_1_convert_20140826114514.jpg

今日で帰るつもりでしたが、
お天気もいいみたいだし日本海側に出て、
途中車中泊して帰ることに決定

この決定がまたまた、天ちゃんに怖い思いをさせることになるとは

鶴岡市に出て南に車を走らせます。

海沿いのドライブは気持ちいい~
IMG_1946_convert_20140826114615.jpg


お昼には刺身定食や、岩かきのフライ(写真無し)など食べ、新潟県の道の駅関川で車中泊することにしました。
IMG_1941_convert_20140826114548.jpg


関川のレストランで朝日豚のトンテキやピザで、お腹も満たし、
早めに眠りについたのですが、
午後10時頃でしょうか
雷が地響きをたてて、鳴り始めました。

らむ母のの足下に寝ていた天は、顔の近くまで来て座ってぶるぶる震え、
よだれを口からて垂らしています。
雷は止む気配がありません。

天のよだれが顔に落ちてきそうで、そちらの方が怖いらむ母
「大丈夫、大丈夫」と言いながら、、雷が止むまでなでていることに

また、怖い思いをした天でした。

つづく 
遊びに来てくださりありかとうございます。
関連記事

コメント

No title

日光でのキャンプ楽しかったな

気のせいかもしれませんが天、時々寂しそうな顔をします。
いっぱいかわいがっているはずなんですが・・・
男の子の方が寂しがりやのかな



テント張ってますねぇ(^O^)

日光でキャンプした朝
森を散策したね。
デジフォトフレームで見てる。
そんなに前の話じゃないのに
ママがいるって子どもにとって
どれだけ心強いことなのか
老いて頼りなくなっていても
いるだけて違うんだろうね。

Secret

プロフィール

らむ母

Author:らむ母
アイリッシュセター天と野風と、のほほんと暮らしています。時々らむの事を思い出しながら・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こっそりおじゃまするブログ

フリーエリア

いくつになったの

お空に旅立って

カテゴリ