野風とお勉強 野風はその時を待っていた!

朝晩、大分涼しく、寒くなってきた天地方
暖房器具、フル出場
ホットカーペット、ファンヒーター、オイルヒーター、時々エアコン
電気代が・・・心配

さて、10月最後の日曜日も野風とお勉強に行きました。
今回は私のお勉強が難しかった(゚∀゚)
(写真は前回先生にレッスン後撮っていただいたもの)



レッスン場のドックランに行くのが遅くなり、ドックラン周辺を散歩して、
野風の興奮を少し落ち着かせる間もなく、、レッスンを始める

野風、先週雉のいたところが気になる!気になる!

今回はトンネルの出入り口の近くにハードルをそれぞれ一づつ置いて、
ハードル、トンネル、ハードル、時々Aフレームとクリアする練習
トンネルは跳んだハードルの前の入り口でなく反対、
つまり8の字のように動く
これがなかなか難しい
ハードル飛んで野風がすぐ目の前のトンネルに入らないよう
反対側に誘導するのがうまくいかない
received_1017918625003370_1_convert_20161031114542.jpg

トンネルに入らないし、
この日は野風、走るのが速くて、ついていけないし
それになかなか集中してくれないというか、
集中させられない
すぐにあっちにこっちにと走っていく野風

それでも、レッスン半ばになると少しはできるように・・・私がですが
野風、指示に従うようになる
(これは今回のレッスン後の先生の写真)
received_1017918811670018_1_convert_20161031114610.jpg


指示をもっと早く出す・・・・これは毎回言われること
野風にお尻を向けない・・・つまり野風から目を離さない
その日によって犬の走る速さが違うので、それをコントロールする
小走りで走るときも必要・・・大股でぐんぐん走ると
野風がスピードあげてしまうこともあり、ついていけないから

今回のレッスンはハードだったぁ
ハードなレッスンを受けていて、心にいつも以上に余裕のない私のせいか、
野風いつも以上に、集中力切れている感じだった。
最後にクリーンランして終わらそうと
ハードル、そしてトンネル・・・と進み
そして、トンネルを出たら、このときを待ってましたばかりに、
まっすぐ先週雉がいた方に走っていき、
柵の下をくぐってドックランの外に
そして、ススキの中にまっしぐら~

その時を虎視眈々と待っていたに違いない野風(笑)
やったぁ!と思ったに違いない

すぐに回収しましたけど。

アジリティ、奥が深いです。


うちに帰って疲れたぁとお休み中
IMG_3747_convert_20161031110523.jpg


こたつ犬始めました。
IMG_3752_convert_20161031110555.jpg


遊びに来てくださりありがとうございます
関連記事

コメント

Secret

プロフィール

らむ母

Author:らむ母
アイリッシュセター天と野風と、のほほんと暮らしています。時々らむの事を思い出しながら・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こっそりおじゃまするブログ

フリーエリア

いくつになったの

お空に旅立って

カテゴリ