3年経ったんだね・・・らむさん

らむさん
旅立ってから3年がたちましたね
今年もハイビスカスが咲き始めましたよ
相変わらず、一日に一つしか咲きません。


らむさん
らむさんが旅立ってから、色々生活の変化がありました。
そんな中、らむさん、無性にあなたに会いたくなるときがあります。
ふと空を見上げた時とか、一緒に遊んだ場所に行った時とか
ちょっと疲れて一人で、月を眺めているときとか

あなたとの時間は本当にかけがえのないもでした。
DSCF0019.jpg

あなたの息子、天も13歳ですよ
14歳と2か月弱で旅立ったあなたより、長生きしてほしいと願っていますよ
でも、大分後ろ足が弱ってきました。
食欲は旺盛ですよ
天を見守って下さいね。

前に問いかけましたが、
たまには天の夢の中に出ていますか?
らむが大好きだった天
たまには天の夢に出てきてね
天、喜んで、寝ながらしっぽふりふりすると思うよ

それから、今は野風がいないとダメみたいです。
寂しがり屋天ですね。
DSCF0009.jpg


好きな写真の一枚
凛々しいらむさん
20080524nasu29那須オフ会


もう一度ぎゅっと抱きしめたい!
DSCF0051.jpg

たまには天だけでなく、私の夢の中にも出てきてくださいね   らむさん

らむさんがいないのは寂しいけど、天と野風と楽しく幸せに暮らすからね
見守っていてね  らむさん



遊びに来てくださりありがとうございます
 

らむが来た?

1年前の今日6月29日午後
らむは旅立っていきました。

14歳と1月

らむが生きているころはらむとの生活は当たり前でずぅ~と永遠に続くように思っていた。
確かにいつかはお別れが来るとは頭の中では理解してはいても、
そのことを深く考えもしなかったな

お別れが現実のもとなった時も、どこか他人事のように考えていた。
受け入れたくなかったのか・・・
でも、お別れして、最初はそんなに寂しいとか会いたいとか
思わなかったのだけれど、時がたつにつれ会いたいと思う気持ちが
ふつふつとわいてきた。
そして、あの時あぁすればよかったとか、こうすればよかったとか
色々、後悔することが
らむはらむ家に来て幸せだった?
天を生んでくれてありがとう!

らむ家に来た日の写真
母犬から離され、我が家に来るまでの3日間鳴き続けつかれきった顔です。
img001_1_convert_20150628144544.jpg

旅立つひと月半ぐらい前の写真
楽しそうだねぇ~
IMG_0968_convert_20150628145316.jpg

らむが全く食べなくなって弱っていくのを心配する天ちゃん
冗談で「天はマザコンなんだからぁ」とからかっていたけど
らむがいなくなってから、一月ぐらいたってあんなに元気がなくなるなんて
後を追うのではと心配したよ
IMG_1287_convert_20150628144712.jpg


らむは、その時まで精いっぱい生きたね
偉いよー
P1030715_1_convert_20150628151313.jpg


ここ何日か、らむの話題がよく出る我が家
そんな中、
天は夕散歩が終わり食事がすむとさっさと寝室に行って
一人気持ちよさそうに朝まで寝ているのですが、
ここ何日か私たちが夕飯を食べていると見計らったように起きてきて
側に来て「はぁはぁ」言いながらご相伴にあずかろうとするのです。
天は普段あまり「はぁはぁ」言わないのに(単に暑いのか)

その「はぁはぁ」が、らむそっくりで、
らむは「はぁはぁ」言いながら、なにか美味しいもの頂戴と
よく、夕飯時に催促していたのでした。

顔つきも特に最近、らむに似てきたような気がするし

らむ父曰く「らむが来てるね。天に降臨してるな」って
降臨って神さまじゃあるまいし・・・

天のことが心配でちょっと帰ってきていたのかな
らむさん、天を見守ってね。

らむにお花をいただきました。
アイリッシュセターってオレンジや黄色がお似合い・・・
ありがとうございます。
ななちゃんやアイちゃんと楽しく遊んでるかな、らむさん

IMG_7885_1_1_convert_20150629114731.jpg


遊びに来てくださりありがとうございます。

続きを読む

ありがとう らむさん・・・

6月29日 午後2時27分頃
らむは、虹の橋に旅立ちました。
14歳と1ヶ月29日

私たち夫婦は結婚生活半分の月日を、らむと過ごしたことになります。
そう思うと長い時を一緒に過ごしたんだと感慨深いです。

らむはわずか生後37日で母犬から離され、
我が家に来る前に3日間ペットショップで泣き続け疲れ切ってやってきました。

らむ父がそんならむを見て「おとなしいねぇ、それに何となく不細工」と
言ったのを覚えている。
おとなしいのは3日も続きませんでした。

それはそれはハイパーな女の子となりました。
破壊女王と呼ばれ、脱走も幾度かしたし
晩年のらむからは想像も出来ないほどのお転婆娘でした。

プライドが高くて、2歳ぐらいまではとにかく我が強く、
その反面臆病で、精細なところもあり
どう接していいかわからない時期もありました。
でもいつの間にか、優しい美人さんのアイリッシュセターとなっていました。

それにとにかく粘り強いよいというか、しつこいというか、 
ボールの取ってこいや、フリスビーは
もう一回、もう一回と何回投げさせられたことか

また、らむは家族みんなで行動するのが大好きで、
たとえばらむ父と天、らむがさっさと走っていき、
私が後から遅れてついて行くと、
らむは立ち止まり待っていたり
または、、「遅れちゃだめよ。みんな一緒じゃないと心配でしょ」
みたいな顔して迎えに来てくれてたりしていました。
家族を見守るよな存在にもなっていました。


2003年2月らむ2歳10ヶ月
手元にある一番古い写真 
これ以前の写真は実家においてあって・・・

この頃自転車で引き運動していた。
私の漕ぐスピードにあわせて
らむは自転車の横を気持ちよさそうに走っていました。
DSCF0082.jpg

2004年1月 らむ4歳と9ヶ月
天を含む4男4女出産
一寸遅めの初産だったど、あれよあれよと出産し、安産でした。
とっても、いいお母さんでした。
この頃から、らむを「らむちゃん」でなく、「らむさん」と呼ぶようになりました。
DSCF0009_convert_20140626105843.jpg


2005年11月 らむ5歳と6ヶ月  らむ父に甘えるらむ
DSCF0041_convert_20140626101625.jpg


2007年11月 らむ7歳6ヶ月 初めてのオフ会
このオフ会でアイリーちゃん、ななちゃん親子とお知り合いに
DSCF0015_convert_20140626101547.jpg


2008年11月 らむ8歳6ヶ月 時にはボールを育ててみたり
DSCF0096.jpg

 一気に時は飛んで2014年6月14日 らむ14歳と約1ヶ月
夕散歩でらむ父と天と途中で待ち合わせ
らむの恒例のお出迎え 
これが最期のお出迎えでした。
IMG_1216_convert_20140626140527.jpg


2014年6月20日
家族みんなでの最期の散歩
IMG_1279_1_convert_20140626110507.jpg


「今まで一緒に遊んでくださった皆様、
御世話になりありがとうございましたぁ」 byらむ
IMG_0733_1.jpg


6月12日から自ら食べることをしなくなったらむ
生きてほしかったから・・・
無理矢理シリンジで、流動食を流し込んでいた。
なんでこんなことをするのと、らむが睨んだこともあった。

もう一度、「あぁ~美味しかったぁ♪」と言う笑顔を見たかったな・・・

24日ぐらいから、自力で動くことが出来なくなって
らむが合図したのに気づくのが遅くて
庭に出してあげることが出来ず、
横に寝たままう○ちをしてしまい、
プライドの高いらむさんは
きゃ~んきゃ~んと失敗してしまったと悲しそうに泣いたね。
ごめんね。悲しい思いをさせて

小さい頃はしつけが厳しすぎて、ごめんね。
最期まで、胃腸の弱いのを治せなくてごめんね。

感情にまかせて怒ったこともあったね。
そんな、未熟な私たち夫婦のかけがえのない家族になってくれて
ありがとう らむさん

やさしくて、おおらかな子に育ってくれてありがとう
天を産んでくれてありがとう
私の一度はらむと一緒に里帰りしたいという夢につきあってくれて、
ありがとう
それも11歳というお年で

らむさんとの14年間はとってもとっても幸せだったよ!

ありがとう!らむさん・・




遊びにきてくださり、ありがとうございます。

らむさんが・・・備忘記録として

らむさん
粗相をしてしまった。

夕べ、夜中1時頃、外に出たそうならむさんに、らむ母、父気づくのが遅くて
我慢できずベットと、床に大きいほうをしてしまった。

おまけにあわててらむさんを、外に出そうとした、らむ父踏んでしまうし
 
夜中に大騒ぎでしたよ。
で、寝不足です。

ここ2.3日お天気が悪くて、散歩の時間が短かったり、できなかったり、
また、雨に濡れるのがいやで、らむさん外に出るのをいやがったりで、
ちょっと、う○ちが不規則だなとは感じていたんだけど、

まさか粗相をするなんて・・・
これもお年をめしたからなのかな

ごめんね、らむさん
これから、気をつけるね。

らむさんも濡れるのいやがらずに、ちゃんと庭でしてね。

こんな時、家の中でも排泄できる子にしつけるんだったなと
反省するらむ母です


やっと梅の花が膨らみ始めたらむ地方

春の気分を味わいたくて昔の写真をアップ

写真は、3年前の花見山という所にお花見に行った時の写真
逆光ですけど・・・怪しげな男と毛が今よりふさふさな二頭ですな

P1000759.jpg

夜の徘徊・・・実は

長文です。

らむと天、夜は寝室に移動しそれぞれ自分のベットで寝ています。

それは去年の11月中旬頃だったでしょうか。

夜中の1時頃、らむがむくっと起き上がり立っています。

らむさん暗いところが最近苦手になってきていたので、らむ母が明かりをつけると
らむ、リビングに移動
しっこかなと、サッシを開けるも出ず(外でしか排泄できないらむです)、
何か探すようなそぶりをするも
すぐに寝室に戻り自分のベットで寝る・・・

らむが夜中に起きることは滅多にないので
珍しいこともあるものだと寝ると、

また1時間ぐらいたつとらむが起き、明かりをつけるとリビングへ移動
しばらくすると寝室に戻り寝る・・・の繰り返しが朝まで続きました。

らむ母、らむ父は交互にらむが起きるたび、もしかして今度こそしっこかと
お付き合いするのでした。
でもしっこもうんちもすることはありませんでした。

そんな夜が1週間ぐらい続いたでしょうか。

寝不足でふらふらになりそうでした。

らむ母、父はとうとう、らむの徘徊が始まったかと悲しいやら、寂しいやら。


そして、1週間ぐらい過ぎた頃、らむが夜中に起きて今度はふるえています。

らむ母、はた!と気づきました。

もしかして、らむ寒いのでは

暖かい場所探して寝室とリビングを行ったり来たりしていたのでは・・・と

今住んでいる借家とっても古くて、すきま風がぴゅ~うぴゅ~う吹き込んでくるし、
寒い中、人も寝ていました。

↓寒かったし、寝不足だったわBYらむ
P1020411_convert_20140128151957.jpg


天は寒がりなので、寒くなると服を着せて夜は寝せていたのですが

らむは暑がりで結構寒さにも強かったので、そんなに気にせず寝せていました。


そういえば天に服着せるとき、羨ましそうに、らむが見ていたような気がします。

↓羨ましかったの~BYらむ
P1020412(1)_convert_20140128135502.jpg

らむさん、お年をめしてとってもとっても寒がりになっていたのです。

それから夜はらむにも服を着せて寝せました。

徘徊はしばらくはなくなりましたが、さらに寒くなったらまた徘徊始まったので、
今度は一晩中暖房器具稼働して寝るようにしました。

朝起きたとき、寒くないので人の身体にもいいのかな

やっと、人も犬も安眠できるようになり、やれやれです。


らむさん、早く気づいてあげられなくてごめんね!


そして1月の電気料金を見たら、らむ母青くなりましたよ。

らむ家今まで、1ヶ月の電気料金が1万円超えることはなかったのです。


諭吉さんが飛んでいくよ~

2月の電気料金も怖い

早く暖かくなってほしい、らむ家です。

昔話 魔法の舌

昔話です。

らむが、天を含む8頭の子供達を誰が教えたわけでもないのに、
それはそれは、かいがいしく一生懸命育てていた頃の話です。

授乳した後、子犬のおしりをなめて、排泄をさせるわけですが、
う○ぴ、しっこが出てくれば、自分のお腹に納め、
別な子のおしりをなめて、
出てくればお腹におさめ・・・の繰り返し。
それはそれは急がしい子育てでした。

天生まれたて生まれたて天お坊ちゃま280g・・今では30Kg)

8頭もいれば、お腹に納め忘れたう○ぴが、子犬の身体についてしまいます。

そこで、らむ母が、黄色い芋虫みたいな小さなう○ぴを
そっとティッシュでつまみ取ります・・・
が、きれいにとれません。
さらに拭き取ろうとすると子犬の毛の中に塗り込む状態になり、
きれいにするどころか汚くなるばかりです。

それを見ていたらむが「へたくそねぇ、こうやるのよ」と、ばかり
ひとなめ、ふたなめ、きれいにしてくれました。

「らむの舌は魔法の舌だねぇ」と感心しきり・・・

まあ~らむ母が不器用だったのですが。

子犬の身体をなめ、自分も身繕いし、水を飲み、ソフトクリームをなめ(少しですよ)、ついでにらむ母の顔もなめ、
「舌、疲れないかい」
と思うらむ母でした。


写真は出産六日目、一寸見づらいですね。(すいません)
出産2

これは出産27日目、らむ疲れてますね。後の洗濯物はみないでくださいな。
お疲れ


で、その魔法の舌ですが、今でも時たま、天のおしりなめてます。
天は神妙な、こまったような顔します。
そして、逃げ出します。

さすがに大きくなったらいやだよね。


↓「犬にとって舌は命です。とっても大切なものなのですよ」 byらむ
P1010764譏弱k縺・i繧€_convert_20131205120453明

母はいくつになっても・・

 おん年13才のらむさん、今でも9才の息子天ちゃんの、
お顔をぺろぺろとなめてきれいきれいにしてあげます。

 散歩中に攻撃的な犬と出会うと、昔はすっと、今はよたよたと
その犬と、天の間に入り天を守ります。

母はいくつになっても母です。

らむ母には甘えん坊のらむ母さん、えらいねぇ


P1010757.jpg

プロフィール

らむ母

Author:らむ母
アイリッシュセター天と野風と、のほほんと暮らしています。時々らむの事を思い出しながら・・

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こっそりおじゃまするブログ

フリーエリア

いくつになったの

お空に旅立って

カテゴリ